便秘解消の意識喚起を促す便秘のアセスメント

便秘のアセスメントって何?

便秘が一つの問題として大きく取り上げられているため、便秘のアセスメントが誕生しました。どの程度の便秘なのかを見極める上で必要なことであり、排便リズムや便の性状などがあります。便秘のアセスメントには便秘解消マッサージのやり方があるようです。最初に左下の直腸に向かうようにマッサージするとのこと。便を肛門に移動させる効果が期待できるため、かなり重宝されている便秘解消マッサージだと思います。簡単にできるので、高齢者でも無理なく行えるそうです。こうした便秘のアセスメントが日本全国に広まることで、便秘で悩む方が減少していくのが予想されます。

介護現場における便秘のアセスメント

介護では、ケアマネジャーが便秘の患者にするべきケアが定められています。例えば、折角便意を催したのにトイレが無いばかりに排便できずに便秘が解消できない問題です。それを解決する手立てとして、ポータブルトイレの設置をすることが一つの案として浮上しています。介護現場では高齢者が多くて、高齢者が多いイコール便秘の方が多いという意味です。高齢者になると腹筋の力が弱くなり排便のときに力強くいきめないため、上手く便を体外に出すことができないのであります。高齢者が便秘で悩むことがないようにするためにも、便秘のアセスメントがしっかり機能しているのが望ましいです。

便秘のアセスメントは高齢者の食生活にも及んでいて

高齢者になっても元気な状態で生活を送るためには、肉類を多く摂取することなのだそうです。そのことも便秘のアセスメントに関連があることでして、高齢者も心掛け次第で便秘にならずに済むことを意味しています。肉類には筋力を極力維持しようとする働きがあり、硬くなった便を出す作用もあるとのこと。筋力の維持は排便に欠かせない腹筋の維持に関わることであり、運動する筋力の確保につながります。十分な筋力で運動できれば、おのずと腸に刺激がきて排便を促すこととなるわけです。

関連ページ:便秘のときに朝ごはんは食べても良いのか?

no comments

Comments are closed.