便秘が一週間続くことによる様々なデメリットとは?

一週間も便秘だとどのような問題が起こるのか?

便秘で一週間もお通じが無いとどうなるのか?と不安を抱いている方がどれ程いらっしゃることでしょうか。一週間も便が胃の中に滞留していると、便がかなり硬くなっているため、便を出すのが容易でないのがイメージできます。仮に一週間も便が出ていなかったとしたら、お腹がぽっこりしてくるようです。一週間分の便が腸にあるので、便が相当の量なのが大体察しがつきます。便が出ていない分、便の重さが体重に上乗せされて体重増加を招いてしまうのも気になる点です。特にダイエットしている方が便秘になると、便の重さによる体重増加で思ったようなダイエット効果が得られないのではと思います。ダイエットするおつもりの方が便秘の場合は、便の重さから解放されることもお考えになってください。そのことが理想的な体重を手に入れることにつながるでしょう。

体臭と口臭を引き起こしかねない便秘の厄介さ

他にも一週間便が出ないことによるトラブルがあり、体臭や口臭が悪化する点です。ちゃんと体を洗ったり歯を磨いているのに体臭や口臭が気になる方は、便が一週間出ていないことを疑った方が良いでしょう。人と喋る度に口臭があると、気兼ねなく人とコミュニケーションを取ろうとする気が萎えてしまいます。体臭で人に嫌悪感を抱いてしまうことを気にするため、長期的な便秘はかなり深刻です。自分の体臭や口臭は気付かないことが多い上に人に言いづらいことなので、人から教えて貰う機会に恵まれないことが少なくありません。極端な話、人間関係にも支障を来しかねないため、便秘の改善を早急にすることが重要となります。

一週間の便秘は精神面にも作用する程に深刻で

一週間の便秘は精神的な影響もあり、気分の落ち込みが目立つようになります。最近気分が優れない方は、もしかしたら一週間の便秘に苦しんでいませんか?精神的な安定を得るためにも便秘の早急な解決が欠かせません。心身共に健康であることが本当の意味での健康だと言えますので。

関連 便秘は胃痛と密接なつながりがある程に軽視できなくて

no comments

Comments are closed.