便秘は胃痛と密接なつながりがある程に軽視できなくて

便秘と胃痛には密接な関係があって

便秘は胃痛と関連があって、病気が絡んでいるケースがある程です。腹膜炎や腸閉塞などがあり、少しでもその疑いを感じた方は、病院で適切な診断を受けることをお勧めします。そのことが便秘と胃痛の両方を解消することとなり、健康的な生活を送れるようになることでしょう。機能性消化管障害も便秘と胃痛に関わる病でして、下痢などの深い症状が出る場合があります。機能性消化管障害には過敏性腸症候群と慢性胃炎神経性胃炎に分けられているとのこと。過敏性腸症候群は腹痛を引き起こすことがあり、便秘のみの場合があれば、便秘と下痢を交互に繰り返す場合もあります。慢性胃炎神経性胃炎は、胃痛の他に倦怠感が表れるケースもあるようです。こうしたことから便秘と胃痛は密接な関係があるのが皆さんに伝わったかと思うのです。

便秘から発生する胃痛について

人によっては、便秘と胃痛の両方を併発することも珍しくないでしょう。その両方を抱えている方は、どちらも治すことを前提とした治療が必要です。便秘から胃痛になるケースをお伝えします。何故便秘になると胃痛が起こるのかと言いますと、腸に便が溜まっているので胃の中の物を腸に運べなくなるのが原因です。要するに、腸の中の便が胃に圧力を掛けて胃痛を引き起こしていることとなります。便秘で胃が痛いと感じている方は、こうしたメカニズムがあることを記憶に留めておいてください。

胃の機能低下が招く便秘

便秘が原因で胃痛が起こるだけでなく、その逆もあるようです。暴飲暴食などで胃に負担を掛けて胃痛になったときに、胃の機能が落ちると言われています。その状態になると食べ物があまり消化されずに腸に運ばれてしまい、消化不良の物が原因で便秘になるケースです。食べ物が腸に無いと蠕動運動が起こらないですが、あまり消化されていない物が胃にあること自体が問題であります。辛い物も胃の機能低下を招く原因なので、心当たりがある方は改善して未然に便秘になるのを防いでください。

関連ページ:アロマの癒し効果が便秘にも有効であることが実証されて

no comments

Comments are closed.